レベルの高い講師がいること

個別指導塾の講師について

従来の塾は、学校と同様に、講師1人が複数の生徒に対して講義を行うマスプロ形式が主流でした。しかし、講師1人が生徒1人を学習指導する個別指導塾がマスプロ形式の塾より増えています。生徒はいつでも質問でき、生徒に合わせたペースで学習を進めることができるからです。また、個別指導塾は、マンツーマンで丁寧に教えてくれるので、生徒の面倒見が良いとされています。ただし、個別指導塾の場合、原則として出席生徒と同数の講師を常に確保しなければならず、講師にマスプロ形式の塾と同等の賃金を払うと、人件費が膨らむことが避けられません。そのため、通常はマスプロ形式の塾の講師より、個別指導塾の講師の方が報酬が低いと言われています。

難関校指導ができる個別指導塾の講師を雇うには

難関校を志望する生徒の入試対策をするためには、受験対策に関する知識を身につけた優秀な人材が必要です。安い賃金でも働く大学生のアルバイトに、こうした技能を求めるのは難しいでしょう。たとえ難関大学の学生であっても、きちんとした受験指導を行えるようになるためには、研修やトレーニングが欠かせません。自分が難関校の入試問題を解けることと、解き方を他人にわかりやすく教えることは、全く異なるからです。難関校の受験指導ができる人材を確保するためには、それなりの報酬を支払うことが求められるでしょう。難関校の受験指導を行う個別指導塾では、生徒個人の学費を上げることにより、優秀な人材を採用しています。したがって、難関校の受験指導を個別指導塾に期待するなら、ある程度高い授業料を払ってハイレベルの受験指導ができる講師に教えてもらうことが必要でしょう。

様々な塾がある中で中高一貫の塾は特に学習内容の先取りに力を入れています。大学受験に向けて学校ではかなり発展的な内容を教えるため、それを理解しまた先取って学習を進めるためにはスピード感が重要です。