自分のレベルにあった教材が用意されていること

教材作成のノウハウがある個別指導塾を探してみよう

個別指導塾に通って苦手分野の克服を目標としたい場合には、自分の学力のレベルに合った教材を使用できるところに入会をすることが重要です。特に、長年にわたる教材作成のノウハウがある個別指導塾の中には、一人ひとりの受講生の学年や志望校、学習のペースなどに応じて、多種多様な種類の教材を用意しているところもあります。また、月々の受講料が高くなることがありますが、オーダーメードの教材を選択できる個別指導塾の数も増えており、自分にとって大事なポイントをすぐに押さえることも可能です。なお、個別指導塾によっては、ホームページ上などに実際に授業に採用している教材の特徴を紹介しているところもあります。そこで、入会前に色々な塾の教材をチェックして、内容の分かりやすさや難易度などを把握しておくと良いでしょう。

講師やチューターと相談して適切な教材を選択できる塾がおすすめ

個別指導塾で使われている教材は、それぞれの塾の方針や科目、コースなどによりますが、無理なく学習を進めるには、講師やチューターと相談して適切な教材を選択できる塾に通うことが大事です。特に、苦手分野が多い人は、数ある個別指導塾の中でも、初歩的なところからしっかりと学べる教材が揃っているところや、指導経験が豊富な講師にサポートしてもらえるところを探すことが肝心です。最近では、学校の期末試験や業者の模擬試験などの後に三者面談や進路相談を実施している個別指導塾も多くあります。そのため、効率良く受験対策に向けて勉強をするうえで、こうした機会を利用して自分に向いている教材について詳しく教えてもらうと良いでしょう。

日々の学習や定期テストに追われていると、理解不足のまま先に進んでしまうことがあります。夏期講習では過去に学習したことを総復習するため、しっかりとした実力をつけたい人には絶好の機会となります。